読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

re:code

Do you believe in the magic of make-believe ?

Web 制作者のための UX デザインをはじめる本

Web制作者のためのUXデザインをはじめる本 ユーザビリティ評価からカスタマージャーニーマップまで

Web制作者のためのUXデザインをはじめる本 ユーザビリティ評価からカスタマージャーニーマップまで

  • 作者: 玉飼真一,村上竜介,佐藤哲,太田文明,常盤晋作,株式会社アイ・エム・ジェイ
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2016/11/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (1件) を見る

Web 制作者向けに UX デザインをどのように始めるかを説いた本。一口に「UX」と言っても、「UX」の概念自体が非常に広く曖昧なため、個々人によって受け止め方が異なる。また、そのような状態であるので、これだけ「UX」が持て囃されている現在においても実はそれを実践出来ている組織は少ない。多くのデザイナーは世間で取り上げられている「UX」と現実の狭間で苦悩していることだろう。そんな中で「UX」の意味するところを定義し、どのように「UX」を実現する組織を作っていくことが出来るのかを具体的に書いているという点で良書だと思う(自分の場合は既にそのようなところにコミットしているデザイナーがいるのでこの点については余りきちんと読んでいない)。

UX デザインとは

「UX 白書」の定義が最も本質的。UX 白書に記された UX の定義には、はっきりと「時間軸」の概念が入り、該当の製品・サービスを使っている時だけでなく、その前後の時間の中にもユーザー体験は拡がっているとされている。

f:id:recode:20170129215210j:plain

UX 白書でのポイントは、製品やサービスに触れていない前後の時間や、繰り返し溜まっていく記憶までも含めて UX となったので、より一層製品やサービスはその一要素に過ぎないということがハッキリしたこと。つまり製品やサービスの意思だけで強制的に UX 全体をコントロールするのは難しく、従って製品やサービスは UX に従属せざるを得ない。

構造化シナリオ法

ユーザーの「本質的な欲求」=「ニーズ」をユーザーの「価値」と位置づけ、それを満たすシナリオを 3 段階に分けて考えていくのが構造化シナリオの特徴。

-「価値」のシナリオ:ユーザーの「本質的な欲求」を切り取り、ユーザーの「価値」を導く -「行動」のシナリオ:「価値」のシナリオのシーンを選び、行動のシナリオとして具体化する -「操作」のシナリオ:「行動」のシナリオのタスクを選び、詳細な操作のシナリオを検討する

f:id:recode:20170129220014j:plain f:id:recode:20170129220017j:plain

「価値」のシナリオを書くためには、新しい製品・サービスを企画する前提で、ユーザーを調査しペルソナを作る。「価値」のシナリオは、そのペルソナの本音や本質的な欲求に注目し、それを実現するための最小限のシナリオのみを記述する。具体的にどんな製品・サービスを利用するかなどのディティールはまだ書かないため、抽象的でシンプルな文章となることが多い。

ユーザー調査

ユーザー調査においては「聴くだけでは本音の部分は殆ど出てこない」ことを認識しておくべき。普通の人は知らず知らずのうちに「その人/相手にとって大事だと思えること・必要だと思えること」を選んでいる。これは殆どの場合は既知であり役に立たないデータである。UX デザインにおけるユーザー調査では「本人ですら大事だと気づいていない本音の部分」をとても大切にする。これを実現するために以下のステップと方法論がある。

  • データ収集:「感情曲線インタビュー」と「弟子入りインタビュー」 ・データ分析:「親和図法」

f:id:recode:20170129221535j:plain

カスタマージャーニーマップ

カスタマージャーニーマップの作成は、ユーザー体験を可視化し、ユーザーの行動を俯瞰することで露わになる「製品・サービスの課題」を発見し、新たな企画立案や改善に役立てることが目的。一般的に良く見かけるのは時系列(ステップ)毎にユーザーの「タッチポイント」「行動」「思考」「感情曲線」などを記載したもの。

f:id:recode:20170129221943j:plain

2017/01/29

事業計画の策定がひと段落した上に妻が旅行に出かけたので久しぶりにゆっくりした週末。土曜日は部屋の片付けと大掃除に勤しんだ。妻が散らかした大量の荷物をまとめて家具を組み立てて収納。夕方から最近通っているヘッドスパに行き、夜はのんびり。今日はこの記事を見て気になっていた Dr. ストレッチに初挑戦。

会社の目標設定もあったのであれこれ考えた結果、当面の目標を考えた。今年学ぶものは何にしようかなと思っていたのだけど、結論としてやはり「自然言語処理」「機械学習」あたりにしようと思う。これは「今後の(自分の)ビジネスには <既存のデータ> から <価値のある新しいデータ> を生み出すことが必要なはず」と考えたため。自分はアプリケーションエンジニアなので、アプリやインフラについては問題ないが、機械学習のような高度なアルゴリズムにはさっぱり勘所がなく、このままではビジネスチャンスを逃してしまいそうだと考えた。ただ、数学もさっぱりだし、何を勉強すれば良いかも分かっていないので、しばらく調べながら勉強してみようと思う。

運動の方はランニングはさっぱり出来そうにないので、前述の Dr. ストレッチに加えて通勤時の行き帰りに 20-30 分ほど歩くことにした。毎日 1 時間歩くようになれば多少は変わってくるだろうという淡い期待。明日から頑張ります。

2016/01/18

一度書く習慣が無くなると一気に書かなくなるな。気をつけないと。

この一週間ほどは今期の計画を考えることに注力している。まずチーム体制については課題をアクションに落とせたと思うので良かったと思うのだが、計画は今ひとつ定まらない。いくつか案はあるのだけど、どれが当たるのかは正直良く分からないし、ここは佐藤オオキを見習って「もっとも長所が大きく方向性が違うもの」をやろうかなと自分の腹のなかでは思っている。

今日は少し嬉しいことがあった。自分以外のリーダー陣となる人を育てたいという思いから、次のリーダー候補として目星をつけている二人を選び、やや背伸びをしたアサインをしてみたのだが、何だか少し動き出した気がしている。一人は自分で考えて動き始めてくれて、自分がほぼ何もしなくても施策の方向性が決まった。もう一人はまだ今ひとつ自発的なアクションが見られないのがやや心配。自分は割と MTG でアイディアを出して話すことが出来るようになってきて、なんだかんだ滑り出しは上々に感じている。スピード感はもっと上げたい。

2016/01/10

この日記コーナーを続けるか悩んでいる。毎日書いても結局大して意味のあることは書けないし、改めて一日を振り返る契機になるという意味では良いけどその場の思いつきを書き連ねているだけでネクストアクションに落ちる気がしていない。Mac のメモアプリを使って日次のメモを書き流しつつ、週次で振り返りをする程度でも良い気がしてきた。

今期の戦略を考えているんだけどコンサルの人ってやっぱり凄い人は凄いなぁ。「次にどこを攻めるべきか」「今期何をやるべきか」を考えるとき、僕の場合はどうしても「Now」足元から見てしまって結局戦略に幅が出てこなかったりするんだけど、コンサルの人はトップダウンでロジックツリーを作って「ロジカルにはこういう要因に分解されるからどちらが費用対効果が高いかを見極めてここを攻めるべき」みたいな話をするので凄い腹に落ちやすい。

2016/01/08

10 時半起床。いかん毎日起床時間が遅くてダラダラしてしまっている。今日は昨日作った API のフロントエンドを開発しようと思っていたのにほぼライブラリの選定と開発着手ぐらいで終わってしまった。夕方から散髪へ。美容師さんに「ランニングはいきなりやると膝を痛めるからやめた方が良いですよ」と言われる。ウォーキングでも 30-40 分を 2 日に 1 回ぐらいやっていたら十分痩せたとのこと。美容師さんのオススメは断然帰宅時よりも朝の通勤時に数駅分歩くことらしい。ちょっと考えてみる。帰ったら妻が偉く大量のおかずを作ってくれていたので頂く。美味い。

WANTEDLY TECH BOOK

f:id:recode:20170108020353j:plain

達人出版会から販売されている WANTEDLY 開発チームの本

割と評判が良かったので買ってみたのだけど個人的にはちょっと全然読みどころがない本だった。理由を考えてみると

  • まず文章全体が全く整っておらず非常に読みにくい(一文ごとに文体が変わる・明らかな校正漏れなどが異常に多く、ブログでもここまで酷いのは稀ではないかというレベル)
  • 「なぜこうしたか」ということが訥々と語られているのだが、人に伝えようという文章になっていないので全く頭に入ってこない
  • 「今の WANTEDLY ではこうしています」がひたすら語られるのだが、表層だけで実際に苦労しているポイントや工夫しているポイントが殆ど語られておらず、技術スタックの紹介程度に留まっている

総じて技術書であっても文章の良し悪しでここまで価値が変わってくるのだなと驚いた一冊だった。ちなみに良かったところも書いておくと

  • Docker の利用については勤務先では余り推進していないのでちょっと考えようかなという気になった
  • 施策ボードという取り組みは良いかもと感じた(チームのホワイトボードに施策や Next Action の付箋を貼り付ける)

といった辺り。少し気付きがあった。

2016/01/07

10 時起床。寝過ぎた。社内管理用のちょっとしたツールを作ろうと思って API サーバーを作る。当初 Kotlin の勉強も兼ねて Kotlin で作ろうと思っていたのだけど、たかが社内管理用のツールに Kotlin をビルドしてデプロイして……というのが面倒に感じて Node で実装。折角なので新しいライブラリなどを使おうと思ってあれこれやっていたら思ったより躓いでしまい結局夕方までダラダラ作業してしまった。良くない。夜には一通りのアクションが動くようになった。

夜はふるさと納税のカツオのタタキが届いたので食べた。美味。お風呂に入っている間に達人出版会の WANTEDLY TECH BOOK を読了。起きたのが遅かったせいか午前 2 時現在全く眠くない。