re:code

Do you believe in the magic of make-believe ?

2016 年のふりかえり

2016 年も終わるので今年のふりかえりをしてみる。

良かったこと

何かあったかなと思ったけどざっくり以下のような感じだろうか。

仕事で一定の評価を得た

特に年の前半は自分のやりたいことをやりたいようにやれて結果も出すことが出来た。今の会社に入社して 2 年ほど経つが、結果的に入社してからほぼ毎期プロモーションをしており、特に今年は一段抜けて評価された年だったと思う。管理職になり給与についても入社時の倍近い金額になってきたのでようやく前職時代の給料に追いつきつつある(来年は超えたい)。ベンチャーに転職するのってリスクはあるけど結果を出せばちゃんと報酬は得られるなぁと思った(SO 含めて)。課題は色々あるものの事業も順調に成長して良かった。

家庭は安定していた

今年も妻とは仲良く暮らせている。海外旅行にも二度ほど行くことが出来たし、新婚旅行ついでに結婚式も挙げることが出来た。お互いそれなりに放任主義だけど上手くいっているのは、ドラマ『逃げ恥』のように幾つかルーティーンを決めているのが大きいかもしれない。あとやっぱり最低限お互いの負担が増えすぎないように(Fifty-Fifty になるように)家事をしているつもり。

総じて仕事に集中した一年だったし結果もついてきたと思う。

悪かったこと

仕事に集中した反動で趣味や将来への投資が疎かになっている。

仕事ばかりでプライベートが疎かになりがちだった

会社と自宅を往復するばかりで友人と会う機会が極端に減ってしまった。ほぼ妻としか会ってない。また小説や映画を楽しむ機会も減り精々お風呂に Kindle を持ち込んで漫画を読むぐらいしかしていない。特に小説を読む回数は激減して月に 1 - 2 冊ぐらいになってしまった。主な理由は「仕事が忙しいから休日にやらないと」という発想で休日もせっせと仕事をしていたためなんだけど、実際は本当に追い詰められているとき(= 自分でコントロール出来ないとき)以外「週末に仕事しよう」と思っても大して集中して作業ができた試しがなくて、とにかくダラダラとパソコンに向き合う感じで腑抜けた生活をしてしまった。

身体がだらしなくなってきた

歳もあるのと結婚以来食事量が増えてしまった(毎日きちんと食事をするようになった)せいか明らかに太った。まだ周囲の人から言わせると「痩せている」そうだけど、顔もパンパンだしお腹や背中にも弛みが……。これはマズイと思って一時期近場のジムに通ったのだけど、仕事が忙しくなってきて行かなくなってしまった。今のジムの良いところは「45 分で 1 セット集中して自分を追い込める」という点で、これは気に入っていたんだけど、やっぱりある程度余裕があるときでないと行こうという気が起きないのだった。明らかな問題点のひとつはレッスン型のジム故に「事前予約」が必要というところで、「行きたい」と思ったときに行くことが出来ないし、いざ予約時間が来たらその頃にはテンションが下がっているという事態がまま発生するところ。これは明らかに失敗だったので来年は今のジムを辞めて別の方法にトライしてみたい。夏までには一回りスッキリした身体にしたいなぁ。

勉強しなかった

仕事の忙しさにかまけて殆ど勉強しなかった。ここ 2 年ぐらいは管理職としての仕事が多くてあまりコードも書いていない。それでもまだ若手に負ける気はしていないけど、さすがに少し現場仕事から離れ過ぎている気がして危機感が募っている。こういうのは短期的に問題になるわけではないけど、昔取った杵柄が通用するのは 2 年ぐらいが限界だろうと思う。目下興味があるのは次のようなところだろうか。技術分野ではモバイルアプリを自分で開発することは当面ないだろうと思うので、引き続きサーバーサイドを中心に考えている。課題感から少し新しいものにチャレンジしたいという意味では Kotlin、それからエンジニアとしてのスキルの底上げをしたいという意味で機械学習/自然言語処理のような CS に近いところを学びたい。それ以外ではマネージャ業が増えているのでコーチングやチームビルディング・それからサービス開発/デザイン思考のようなところが気になっている。

貯金できなかった

転職して収入も激減していたり結婚関連の出費が多かったりで貯金できなかった。正確には貯金が目減りしていった。別に凄く貯金したいわけではないのだけど、なんとなく日々資産が減っていく状況というのは心が落ち着かないことが分かったので一定額は現金資産を持つようにしたいと思う。

愚痴が多かったかも

特に年末にかけて仕事が酷い状況になったこともあり、つい弱音や愚痴を言ってしまったことがあり反省している。口は災いの元。来年こそはもっと自制したい(そのためにも日記を付けたい)。