読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

re:code

Do you believe in the magic of make-believe ?

WANTEDLY TECH BOOK

f:id:recode:20170108020353j:plain

達人出版会から販売されている WANTEDLY 開発チームの本

割と評判が良かったので買ってみたのだけど個人的にはちょっと全然読みどころがない本だった。理由を考えてみると

  • まず文章全体が全く整っておらず非常に読みにくい(一文ごとに文体が変わる・明らかな校正漏れなどが異常に多く、ブログでもここまで酷いのは稀ではないかというレベル)
  • 「なぜこうしたか」ということが訥々と語られているのだが、人に伝えようという文章になっていないので全く頭に入ってこない
  • 「今の WANTEDLY ではこうしています」がひたすら語られるのだが、表層だけで実際に苦労しているポイントや工夫しているポイントが殆ど語られておらず、技術スタックの紹介程度に留まっている

総じて技術書であっても文章の良し悪しでここまで価値が変わってくるのだなと驚いた一冊だった。ちなみに良かったところも書いておくと

  • Docker の利用については勤務先では余り推進していないのでちょっと考えようかなという気になった
  • 施策ボードという取り組みは良いかもと感じた(チームのホワイトボードに施策や Next Action の付箋を貼り付ける)

といった辺り。少し気付きがあった。