re:code

Do you believe in the magic of make-believe ?

メッセージ

f:id:recode:20170624234814j:plain

もう掛け値無しに大傑作。自分が原作『あなたの人生の物語』の大ファンであるということを差し引いても、あの傑作小説を良くぞここまで見事に映画化したものだという感じ!中盤で傑作だという確信を得てしまい鳥肌を震わせながら観ていました。抑制の効いた構成・美しく緊張感のある映像・そして見事という他ない美術(異星人の文字があんな形式だなんて誰が想像しただろう!)。もう冒頭の子供とのシーン・そして湖の畔りのルイーズの自宅あたりで僕はノックアウトされてました。演出も素晴らしい。初めて異星船に乗り込む際、突然重力が反転する。(うろ覚えだけど)原作には無いこんな演出をそっと差し込むだけで、これまでの常識が全く通じない異世界に飛び込むのだということを予感させる。原作小説に比べるとかなり大味というか、様々なエンタメ要素が追加されており、特に中国なんかの描き方は如何にもハリウッドらしくて鼻白むところが無くはないものの、結果として最後に大きなカタルシスを作ることが出来ているので、こういった改変自体は映画向きの良い判断だったと思う。

さてこの作品──『あなたの人生の物語』が素晴らしいところは「異星人とのファーストコンタクト」「言語により規定された逐次的認識を乗り越え、人類が新たな認識の様式を獲得すること」という全人類的な「大きな物語」の中に、極めて個人的な「愛の物語」がどこまでも深く描かれるところだと思う。特に映画では、物語が盛り上がり周囲の緊張が増して行くほど、主人公は逆に自己の内面へとより深く静かに潜り込んでいくところが印象的。

そして最後に示されるルイーズの決意。かように大掛かりな SF 的舞台の上で、それでも彼女は愛を選ぶ。その決意・圧倒的なまでの「生の肯定」が、この作品を傑作たらしめているところだと僕は思う。個人的には最後の締めに関しては原作小説が余りにも秀逸だったと感じるけども(映画版のラストはイアンの発言を受けて主人公が返答するという演出は不要だったと思うんだよね)、それでもこの映画自体が非常に素晴らしい出来だったことは疑いの余地がない。今年度 No.1 の素晴らしい映画でした!